メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表:W杯出場決定 最終予選の激闘を振り返る

【日本―オーストラリア】オーストラリアを破ってW杯出場を決め、サポーターの声援に応える長谷部(右端)ら日本の選手たち=埼玉スタジアムで2017年8月31日、長谷川直亮撮影

サッカー日本代表

W杯出場決定 最終予選の激闘を振り返る

 サッカー日本代表は31日、埼玉スタジアムで行われた2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選でオーストラリア代表に2―0で勝利し、6大会連続6回目のW杯出場を決めた。成績は6勝2分1敗。初戦の黒星、ハリルホジッチ監督の解任危機、主将・長谷部誠の負傷離脱など順風満帆とはいかなかった。そんな中、日本代表はいかに戦ったのか。アジア最終予選の激闘を振り返る。

この記事は有料記事です。

残り11373文字(全文11557文字)