メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017欧州の岐路

離脱交渉 英水域での操業不透明 EU漁業者やきもき 利益半減の恐れも

EUとの離脱交渉が始まるのを前に漁場を訪れて漁業関係者らと話すメイ英首相(左から2人目)=英南部プリマスで2017年、ロイター

 いまだ大きな進展がない英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉だが、交渉課題の中でも難関の一つとみられるのが漁業問題だ。EUの共通漁業政策に基づき、英国の領海の一部や排他的経済水域(EEZ)内で漁を続けてきた加盟国の漁業関係者は、離脱後も英水域にアクセスできるかどうかが「生命線」だとして神経をとがらせている。【エメロード(オランダ北東部)で八田浩輔、ロンドン矢野純一】

 「最悪の場合は6割の船が操業を停止せざるを得ない」。約270の小型漁船所有者でつくるオランダ漁業協…

この記事は有料記事です。

残り1110文字(全文1344文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
  5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]