メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

青森市の三内丸山に…

 青森市の三内丸山(さんないまるやま)に富山県小矢部(おやべ)市の桜町、そして金沢市のチカモリ。これらの縄文遺跡にはクリの木を用いた建造物跡が残る。チカモリは大木を半分に断ち割り、英国の「ストーンヘンジ」のように円形に並べていた▲最近の研究によれば、自然に植わっているクリの木を切り出したのではないとみられている。約5000年の昔にもかかわらず、人の手で栽培し管理されていたようだ。材木として、また実を食べるためである▲その生育は「桃栗(ももくり)三年」の言葉通りに早い。断ち割りやすい材質だが、水に強く腐りにくい。近代になると、防腐処理をしないままのクリ材が、鉄道の枕木にたくさん用いられた▲食材の観点からは、天候にあまり左右されず安定して実をつける利点がある。勝手に落ちるので、「狩る」のではなく「拾う」だけでいい。そして栄養価は高い。このため、江戸時代にはいくつもの藩が米などの不作に備えて栽培を奨励した▲作物としてのなじみ深さは日本にとどまらない。現在の産地は中国、トルコ、イタリア、スペイン、フランスなどに広がるが、中世の欧州では食料不足を救った。小麦に適さない山地や荒れ地に植え、粉を練った一種のパンやかゆが空腹を満たした。「貧者のパン」とも呼ばれたという▲その立場は18世紀半ばに普及するジャガイモにとって代わられ、今は菓子などで存在感を示す。古来、世界各地で命を支えてきたクリ。その歩みを思うと、ほっくりした甘さがさらに味わい深く感じる。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
    3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
    4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
    5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです