メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしとつなぐ

「がん離職」ちょっと待って=国立がん研究センター東病院 がん相談統括専門職 坂本はと恵

千葉県がん情報「ちばがんなび」より

 「自分はがんのことを周囲に伝えて仕事をしていたのに、がんのことを伏せて働いていた同僚が急変したのを理由に、会社から『辞めてほしい』と言われたんです。お世話になっていたからこそもめたくない、上司もつらいんだと思い、その日のうちに退職願を出して帰ってきました」

 2010年にお会いした50代の女性患者さんの言葉です。退職したものの「社会の中で自分の居場所はもうないのか」「子供の進学は諦めるしかないのか」と考えるうちに、いてもたってもいられなくなって相談に来たということでした。

 一度提出した退職願は、社会保険労務士等の専門職に相談するも撤回することはできず、患者さんにかける言…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文977文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです