メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6度目のW杯へ

サッカー日本代表/中 チャンス与え好循環

 異例の光景だった。ワールドカップ(W杯)予選でオーストラリアを破りロシア大会出場を決めた翌日の1日。ストレッチでゆっくりと激戦の疲れをいやす21歳の井手口(ガ大阪)、22歳の浅野(シュツットガルト)らの視線の先に、出番のなかった控え組によるミニゲームで本田(パチューカ)、香川(ドルトムント)が懸命に汗を流していた。

 「その時点で私がベストと思う選手を使う」「若手を信頼して使うべきだ」。ハリルホジッチ監督の哲学は、…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文934文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]