メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

<くろがねの秋の風鈴鳴りにけり…

 <くろがねの秋の風鈴鳴りにけり>(飯田蛇笏(だこつ))。そろそろ片付けたほうがいいかもしれない。騒音と感じる人もいるからだ。近所の風鈴の音が気になり、風の強い日や夜には取り外してもらうよう頼んだ--そんな新聞の投書を読んだ▲風鈴ばかりではない。火の用心を呼びかける拍子木の音にも苦情が寄せられる。地域を火事から守るボランティア活動が一部の人には耳に障る。何とも難しい時代になった▲特に深刻なのは幼稚園や保育園へのクレームだ。東京都武蔵野市は来年4月に開園予定だった認可保育園について、近隣住民の理解が得られなかったとして開園を延期した。保育園が「迷惑施設」のように受け止められる現実をどう考えればいいのか▲脚本家の山田太一さんに「家族の音」というエッセーがある。かつてはどこの家もこんな感じだった。「家族はクシャミでありイビキであり、急に意味不明の高い声を出した妻の内面であり、夫の沈黙であり、目がはなせない赤ん坊の笑い声泣き声であり……」▲核家族化や少子化が進み、生活の中で聞こえる音は昔よりむしろ静かになったように思える。だから余計に音に敏感なのかもしれない。隣近所の音をめぐり、お互いさまでは済まなくなった。ではどうすればという知恵も浮かばない▲そういえば、除夜の鐘にまで苦情が寄せられ、昼間に鳴らすことにした寺もある。人の心や暮らしのありようが、音の響きを変えていく。その現実を前に、耳を塞ぐことはもはやできない。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
    2. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
    3. 特集ワイド 国会は「死んだ」のか 議論省略の安倍「全能」政権
    4. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
    5. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです