メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴミ集積場近くで、仲良くなった女の子の住まいを訪れる鈴さん(右)。「この小さな部屋の隅で、姉や妹たちと身を寄せ合って眠るのよ」と案内してくれたクリスティーンちゃん(中央)

 さびの目立つ鉄扉をくぐり、湿気を帯びた空気のよどみにたじろぎながら奥へと進む。すると鉄格子の向こう側、薄闇の中の瞳が一斉にこちらを向いた。フィリピン・マニラの青少年鑑別所。70人近い青少年たちが、小さな部屋に押し込められていた。この日、彼らの元に2人の日本の中学生が訪れた。千葉県に住む柳田(やなぎだ)峰雄(ねお)さん(13)と、長崎県の山辺(やまべ)鈴(りん)さん(15)は、NPO法人「国境なき子どもたち」のプロジェクトで、この国の子どもたちを取材していた。実は私も高校生のとき、この「友情のレポー…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです