メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

公正さ貫いた日系人弁護士

 国と国との関係は、表立った華々しい外交のみで動いているのではない。民間レベルでの交渉が大きな意味を持っている。例えば、日米間では戦後、アメリカ進出企業の強力な援軍として働いた日系人弁護士がいた。村瀬二郎(1928~2014年)という、その人物の存在を、ジャーナリストの児玉博さんが書いたノンフィクション『日本株式会社の顧問弁護士』(文春新書)で知った。

 村瀬は日本人移民の両親のもと、ニューヨーク市で生まれた。日本で教育を受けるため36年、母とともに来…

この記事は有料記事です。

残り1256文字(全文1483文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  4. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]