メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

公正さ貫いた日系人弁護士

 国と国との関係は、表立った華々しい外交のみで動いているのではない。民間レベルでの交渉が大きな意味を持っている。例えば、日米間では戦後、アメリカ進出企業の強力な援軍として働いた日系人弁護士がいた。村瀬二郎(1928~2014年)という、その人物の存在を、ジャーナリストの児玉博さんが書いたノンフィクション『日本株式会社の顧問弁護士』(文春新書)で知った。

 村瀬は日本人移民の両親のもと、ニューヨーク市で生まれた。日本で教育を受けるため36年、母とともに来…

この記事は有料記事です。

残り1256文字(全文1483文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです