メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

北朝鮮弾道ミサイル・核実験=論説委員長・古賀攻

危機の出口をどう構想するか 毎日・日本が5カ国協議提唱を/産経・「専守防衛」では不十分

 核とミサイルを振りかざす北朝鮮の挑発行為が一段と際どくなってきた。

 弾道ミサイルが北海道・襟裳岬の上空を飛び越えて太平洋に着水した後、自衛隊の首脳にフェーズ(局面)が変わったのかと聞いてみた。

 即座に「もちろん」との答え。「これまで人工衛星と言い訳していたのに、堂々と軍事作戦と言って飛ばしたんだから全然違う」

 確かに金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の言葉は露骨だ。「今回は太平洋上での軍事作戦の第一歩…

この記事は有料記事です。

残り2171文字(全文2420文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです