メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

独立時代のハワイ外交関係文書=鶴谷真(東京学芸部)

網羅的調査の大切さ

 東京大史料編纂(へんさん)所の保谷(ほうや)徹教授(幕末維新史)らが米ハワイ州立文書館で独立時代のハワイと日本との外交関係文書を7000コマ撮影し、調査に乗り出していると、本紙7月17日付朝刊1面で特報(東京本社版など)した。これは歴史史料の網羅的な調査の大切さを知る機会となった。ハワイは1810年に統一王朝が成立し、94年の共和国樹立を経て98年に米国に併合された。デジタル文書としてよみがえった一級史料は、米国と日本のはざまで何とか独立を守ろうとするハワイの姿や、日本からの移民の実相を、生身の歴史として語りかけている。

 ハワイは日本の近代化の幕開けに関わっている。米海軍・ペリー艦隊による53年の威圧的な開港要求は、ハ…

この記事は有料記事です。

残り1729文字(全文2052文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです