メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

理系増やし開発部門強化 ゼブラ社長・石川真一さん

現場の自由な発想尊重

 ダイナミックなモノづくりに憧れ造船業界に就職したのですが、2代目社長の義父に請われ、1980年に入社しました。

 高度成長期はとっくに終わり、筆記具メーカーとして新機軸を打ち出さなければならない時代でした。しかし、当時のゼブラは営業重視の社風。文房具店を頻繁に回り商品を目立つところに置いてもらうことで売り上げを確保しており、開発部門すら置いていませんでした。

 経営を仕切っていたのは、2代目社長とその大学時代の同級生である専務2人を加えた「3トップ」。競合他…

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1211文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです