メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よくわかるニュース

8月のニュースファイル4(2017年10月号より)

■38年ぶり野生カワウソ、絶滅種の生き残り?

     長崎県・対馬で野生のカワウソを撮影したと琉球大学の伊沢雅子教授(動物生態学)が8月17日、発表しました。野生の撮影は1979年に高知県須崎市でニホンカワウソが撮られて以来、38年ぶりです。

     今回のカワウソの映像は2月に撮影したもので、残されたふんをDNA型鑑定*した結果、少なくとも2匹いる可能性があるとわかりました。朝鮮半島から海を渡ってきたユーラシアカワウソか、絶滅したニホンカワウソの生き残りか--。今後、環境省が調査を進めます。

     ニホンカワウソは乱獲や河川のよごれ、護岸工事で減り、2012年に絶滅が宣言されています。

    *DNA型鑑定……細胞のDNA(デオキシリボ核酸)をつくる4種類の化学物質のならび方を調べること。

    カワウソ

     イタチの仲間。世界に13種類おり、水辺で魚などを食べてくらす。ニホンカワウソはかつて全国にいたが、しだいに姿を消し、1965年に国の特別天然記念物に指定された。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 地震 防災無線 未明に大音量「セカオワ」震度4の宇和島
    2. 五輪スケート 小平、親友の李相花と競い合い
    3. 五輪スケート 「勝て」と言わぬ支援者 小平、金の恩返し
    4. 五輪フィギュア 宇野 真央さん導いた道、メダル目指して
    5. 平昌五輪 メダル授与式、なぜ別会場で?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]