メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よくわかるニュース

8月のニュースファイル5(2017年10月号より)

■東京五輪へ金星ぞくぞく、スポーツ界に若手台頭

     3年後に開かれる東京オリンピック(五輪)に向けて、日本の若手アスリートが着実に力をつけています。

    ■レスリング世界選手権、男女で金6個

     8月21~26日にフランス・パリで行われたレスリング世界選手権の女子で、48キロ級の須崎優衣選手(18)▽55キロ級の奥野春菜選手(18)▽60キロ級の川井梨紗子選手(22)▽69キロ級の土性沙羅選手(22)が金メダルを獲得しました。

     低迷していた男子もグレコローマンスタイル59キロ級で文田健一郎選手(21)、フリースタイル57キロ級で高橋侑希選手(23)がそれぞれ優勝しました。日本は男女合計で金6、銀1、銅2の計9個のメダルを得ました。

     須崎選手はリオデジャネイロ五輪で4連覇した伊調馨選手(33)以来の高校生世界王者です。今回は伊調選手も吉田沙保里選手(34)も出場せず、若手の台頭が印象づけられました。

    ■バド 奥原選手が世界女王

     バドミントンの女子シングルスでリオ五輪銅メダルの奥原希望選手(22)が8月27日、イギリスで行われた世界選手権で優勝しました。1時間50分の激闘の末、インドのプサルラ選手を2?1で破りました。

     日本勢のシングルス優勝は五輪、世界選手権の男女を通じて初めてです。

    ■卓球の14歳・張本選手、ツアー最年少V

     卓球のワールドツアー、チェコ・オープンが8月27日、チェコで行われ、男子シングルス決勝で張本智和選手がドイツのボル選手を4ー2で破り、14歳61日のツアー史上最年少で初優勝を果たしました。

     張本選手は、2月のインド・オープンでツアー史上最年少での決勝進出記録をつくり、5~6月の世界選手権個人戦ではシングルスで大会史上最年少のベスト8に入るなど、めざましい成長ぶりを見せています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 漫画喫茶殺人 凶行、流浪の果て 職に就けずいらだち
    2. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
    3. アメリカンフットボール 悪質タックル 関学選手らを脅す書き込み 警察が捜査
    4. ドリームキッズinおおさか フィギュアスケート選手 滝野莉子さん 五輪へ、氷上の舞磨く /大阪
    5. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]