メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

北朝鮮、6回目の核実験 正恩氏、覚悟の秘密演説 敵どもの強硬には超強硬で/政治思想的威力で戦争勝利

金正恩委員長の演説を収録した冊子の表紙

 北朝鮮が6回目の核実験を強行した。北海道上空を越える弾道ミサイル発射に続く挑発である。なぜ金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は、核・ミサイルにこだわるのか? その執念を知る秘密演説文を入手した。【鈴木琢磨】

 それは表紙が緑色の小さな冊子、13ページにわたって生々しい正恩氏の発言が記されている。タイトルは「自強力第一主義を具現し、主体的国防工業の威力を固めていかなければならない」。正恩氏が党と軍の責任幹部に対して行った演説とみられ、日付は「2016年3月6日」。自強力は自力更生を意味する。この演説について朝鮮労働党機関紙の労働新聞などは一切、報じておらず、当日の正恩氏の動静報道もない。冊子は今年4月10日に発行された。演説から1年以上のブランクを経て、人民にも最高指導者の思いを伝える必要が出てきたのだろう。

 冒頭から「米国とその追従勢力」への敵意がむきだし。なにせ翌7日から史上最大規模の米韓合同軍事演習を…

この記事は有料記事です。

残り2395文字(全文2806文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです