メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊400年への道

囲碁 90歳代「神様」夫妻=金沢盛栄

二人で打った対局の検討をする杉内雅男九段(左)と妻の寿子八段=東京都内で

 “将棋界のレジェンド”として知られる加藤一二三九段(77)が引退したのは6月中旬のこと。棋士生活は60年以上に及んだ。

 囲碁界に目を向けると、そのレジェンドを上回る棋士が健在である。1920(大正9)年生まれの96歳、杉内雅男九段だ。棋士生活は80年を超え、真摯(しんし)な姿勢から「囲碁の神様」の異名をとる。実は妻の寿子(かずこ)八段(90)も現役棋士。二人は今も対局をこなし、棋道を究めるべく碁盤に向かっている。夏も真っ盛りの頃、東京・駒沢公園近くに居を構える自宅をうかがった。

 「勝てませんねえ。今年はまだ1勝しかしていません」。雅男九段は笑顔を見せながら嘆いた。「でも引退は…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文893文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  2. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  3. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  4. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦
  5. 大岡信さん 恋への恐れ 19歳の未発表詩、自宅で発見 いけない、いけない、笑みかけては。

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]