メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

普通の政治に誰が戻す=与良正男

 正直な言葉ではあった。

 1日の民進党臨時党大会で、新代表に決まった前原誠司氏がこう語ったのが私には最も印象的だった。

 「多くの国民が『民進党に政権交代などできっこない』と考えています。(政権交代の)決意を示せば、失笑、冷笑で迎えられるでしょう」

 この後、前原氏は「私はそれを変える」と続けるのだが、確かに現実は政権交代どころか、多くの有権者にとって今後、民進党が選択肢の一つになるかどうかも分からない崖っぷちの状況である。

 ただし目指すべき方向は定まっていると思う。毎日新聞の社説(2日)が指摘したように、政治の「ど真ん中…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです