メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 技能実習制度改定=日本リハビリテーション振興会理事長・宮武剛

介護の「開国」残る課題

 この11月から外国人技能実習適正化法が施行される。同時に介護労働がその対象に加えられる。

 技能実習制度は1993年に導入され、昨年は農漁業、建設、食品等74業種で過去最多の約23万人を受け入れた(最長3年間滞在)。途上国の「人づくり」の名目だが、国内の「人不足」を補ってきた。技能の習得どころか、過酷な労働、賃金・残業代の未払い、実習生の失踪も相次いだ。

 このため昨秋、「実習生が技能習得に専念できる体制の確立」へ向け改定された。具体的には(1)受け入れ…

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1120文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです