メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースがわかる目次

2017年10月号(9月15日発売)

450円(税込み)

◆規制がいっぱい

     ニュースで「規制緩和」や「特区」という言葉をよく聞きます。規制をゆるめるのが規制緩和、特区は地域を指定して規制をゆるめ特別なチャレンジができるようにすること。実は身の回りには「規制」がいっぱい。命を守るために必要なものもあれば、時代にあわなくなったものもあります。「規制」を通じて時代をよみときます。

    ◆薬剤耐性菌の脅威

     21世紀、最もおそれられているものの一つが感染症の世界的流行です。細菌が原因の感染症の治療には抗菌薬が欠かせません。そのおかげで、多くの命が救われてきましたが、今、薬が効かない薬剤耐性菌の勢いが増しています。なぜ、このようなことが起きているのでしょうか。

    ◆貿易がつなぐ国と国

     モノやサービスを輸出入するのが貿易。暮らしを支え、国と国とを結びつけています。しかし、けんかの原因になることもあります。「アメリカ第一」というトランプ大統領が登場し、世界の状況は変わりました。日本とアメリカを中心にみていきましょう。詳しく知りたい方のためのクイズもあります。

    ◆コメは大事

     収穫の秋。その代表がコメです。2018年産から減反政策が廃止され、日本のコメづくりは変化にさらされています。こうした時だからこそ、コメについて知っておきましょう。おいしくごはんが炊ける研ぎ方も専門家に教えてもらいました。

    ◆アイヌの遺骨 故郷へ

     明治時代にドイツへ持ち去られたアイヌ民族の遺骨が138年ぶりに故郷の北海道へ返されました。返還は国連の「先住民族の権利に関する宣言」に基づいたものです。当時のドイツには先住民族の遺骨が世界中から集められていました。なぜそのようなことが起きたのでしょうか。日本の先住民族アイヌについて理解しましょう。

    ◆海をよごすプラスチック

     プラスチックは丈夫で便利。しかし、細かくなったプラスチックが世界中の海を汚していると大問題になっています。小さくなっても分解されず、海をただよい続けます。2050年には魚よりも多くなるという予測もあります。プラスチックごみを減らすためにできることを考えましょう。

    【その他】パンダ、絵本「アームストロング」、北朝鮮ミサイル、内閣改造、新星アスリートたちが大活躍

    ★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

    ★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

    ★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

    ★1部450円。書店でどうぞ。

    ★定期購読なら、離れてお住まいのお孫さんに贈れます(メール便)。お申し込みは、フリーダイヤル0120・223・223(年中無休、24時間)。内容のお問い合わせは編集室(電話03・3212・1171、03・3212・0954=平日10時から18時)。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 草なぎ剛 「新しい可能性を信じて努力したい」 “今年最も輝いた男性”に喜び
    2. ORICON NEWS 和田正人&吉木りさが結婚発表 “いい夫婦の日”に婚姻届提出「笑顔のたえない家庭を」
    3. 日清食品 カップそば自主回収
    4. 明星食品 カップ麺9万食を自主回収
    5. WEB CARTOP 最近のクルマがスペアタイヤを積まない理由とは?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]