メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「花」思い・夏

東日本大震災 カキの海、光再び 岩手・山田

港町の明かりを取り戻した山田湾に打ち上げられた花火が、洋上に並ぶカキ養殖のいかだを照らし出した=岩手県山田町で2017年8月14日、小出洋平撮影

 夜のとばりが下りた岩手県山田町の港に8月、歓声と共に花火約5000発が打ち上がる。暗闇に溶け込んだ水面が赤く色付き、湾内を埋めるように並ぶカキの養殖いかだが浮かび上がった。

 2007年夏に始まった「やまだの花火大会」は、東日本大震災で被災した11年にも中断することなく、今年で11回目を迎えた。

 津波やその後の火災で大きな被害を受けた…

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文361文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです