メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「花」思い・夏

東日本大震災 カキの海、光再び 岩手・山田

港町の明かりを取り戻した山田湾に打ち上げられた花火が、洋上に並ぶカキ養殖のいかだを照らし出した=岩手県山田町で2017年8月14日、小出洋平撮影

 夜のとばりが下りた岩手県山田町の港に8月、歓声と共に花火約5000発が打ち上がる。暗闇に溶け込んだ水面が赤く色付き、湾内を埋めるように並ぶカキの養殖いかだが浮かび上がった。

 2007年夏に始まった「やまだの花火大会」は、東日本大震災で被災した11年にも中断することなく、今年で11回目を迎えた。

 津波やその後の火災で大きな被害を受けた…

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文361文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです