メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

先年亡くなった詩人で…

 先年亡くなった詩人で老荘思想家の加島祥造(かじま・しょうぞう)さんは長野県の伊那谷に移住した二十数年前、視野いっぱいに広がる赤とんぼの大群に驚いた。夏の終わり、雌雄連なって山から下りて来た途方もない数の群れだった▲東京育ちの加島さんの知る赤とんぼは旅路の果てに町に迷い込んだような哀れな姿だった。だがこの時の大群は「存在の威厳」すらも感じさせ、その「命のエナジー」が電撃のように体を走ったという(「伊那谷の老子」朝日文庫)▲もっともさらに昔は東京の真ん中でも赤とんぼの大群が見られたらしい。明治前半に麹町で育った作家の岡本綺堂(おかもと・きどう)は「北の方から無数の赤蜻蛉(とんぼ)が雲霞(うんか)のごとく飛んで来た」と述べ、竹ざおを振るだけでたちまち数十匹が落ちたという▲まさに日本の古称「秋津島(あきつしま)」--とんぼの島というにふさわしいこの季節の赤とんぼの群れだった。だが加島さんが巨大な群れを見たころからも事態は様変わりし、この20年ほどで赤とんぼ(アキアカネ)の生息数は激減したという▲ひところ富山、三重などで絶滅のおそれがあるレッドリストに載ったのが話題となり、半数以上の府県で1000分の1以下に減ったという研究者の推計が注目された。原因としては同じ時期に普及した新農薬が疑われているようだ▲唱歌・童謡の人気ランキング上位に「赤とんぼ」が入るのは今も変わらない。この列島で共に暮らしてきた心の友から奪った「存在の威厳」「命のエナジー」は私たち自身の運命をどう変えるのだろう。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
    3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    4. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目
    5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです