メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

特高拷問描いた石川達三 「言論の自由」貫いた生涯

1949年11月8日朝刊(東京本社最終版)に連載された小説「風にそよぐ葦」205回の横浜事件の過酷な取り調べを描いた場面

 「平尾は銃剣をもって女の胸のあたりを三たび突き貫いた。他の兵も各々短剣をもって頭といわず腹といわず突きまくった。ほとんど十秒と女は生きて居なかった。」

 第1回芥川賞受賞者の石川達三(1905~85年)が38年、日中戦争に従軍して書いた小説「生きている兵隊」で、日本兵が無防備な中国人女性を殺害する場面だ。月刊誌「中央公論」の同年3月号に発表されたが、約4分の1が伏せ字削除された。

 「平尾は・・・あたりを・・・。他の兵も各々・・・まくった。ほとんど十秒と・・・。」

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1501文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです