メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「送還免除撤廃は違憲」15州など差し止め求め提訴

 【ミルウォーキー(米中西部ウィスコンシン州)長野宏美】子供のころに親に連れられ入国した不法移民の強制送還を免除する制度を打ち切るのは「憲法違反」だとして、15州と首都ワシントンは6日、トランプ米大統領らを相手取り、撤廃の差し止めを求める訴訟を東部ニューヨーク州の連邦地裁に起こした。

 制度はオバマ前大統領が2012年に大統領令で導入。トランプ政権は、6カ月間の猶予期間中に約80万人とされる対象者の救済策を連邦議会が検討するよう促した。

 提訴したのは、西部ワシントン州やニューヨーク州など民主党が地盤の州の司法長官。ニューヨーク州のシュ…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文619文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. カルビー 加熱すると…ポテチ出火 販売中止
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです