メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海賊版誘導サイト捜索 大阪府警など

 インターネット上で漫画や書籍を無断で公開する海賊版サイトに利用者を誘導する「リーチサイト」を巡り、大阪府警や福岡県警などの合同捜査本部が7月、国内最大規模とされるサイトの運営者の関係先を著作権法違反の疑いで家宅捜索していたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。

     捜査関係者によると、家宅捜索を受けたのは、リーチサイト「はるか夢の址(あと)」(閉鎖)を運営していたとされる「紅籍会」と称するグループの関係先。海賊版サイトの運営にも関わり、人気漫画を無断で公開して著作権を侵害するなどした疑いが持たれている。

     リーチサイトは海賊版サイトのリンク(URL)を集めて掲載するサイト。URLをクリックすることで、別のサイトで違法に公開された作品にアクセスできる。作品を直接掲載していないため同法違反にあたるかの判断が難しく、これまでリーチサイトの摘発はないとみられる。捜査本部はグループの関係者を任意で事情聴取し、押収したパソコンなどを分析して立件の可否を検討する。

     出版各社は著作権侵害を助長しているとして対策を求め、政府は法規制を含めた対策強化を検討している。【宮嶋梓帆】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 香取慎吾 スマステ最終回で感激 「信じられない! 夢かなっちゃった」
    2. ORICON NEWS “偏差値32”のロンブー淳が青学受験に挑戦 100日間「全力で勉強」
    3. みんなの広場 お年寄りに呼び止められた=無職・斎藤健一・68
    4. 崎陽軒 2種の限定弁当販売 きょう、あす /神奈川
    5. 香取慎吾 スマステ最終回で「新しい地図」に言及 「皆さんと一緒に大きな地図を…」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]