メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西鉄ライオンズ最強伝説

黄金期編/6 豊田のバント

1956年の日本シリーズで最高殊勲選手賞を獲得した豊田泰光選手。58年のシリーズでも大活躍した

 1958年の巨人との日本シリーズで1勝はしたものの3敗と後のない西鉄ライオンズ。平和台球場(福岡市)での第5戦は「豊田のバント」が語り継がれる。

 西鉄は土壇場の九回で2-3と負けていた。無死二塁の好機に3番の故豊田泰光さん。シリーズはここまで4本塁打と絶好調だったがバントで進めた。この場面、故三原脩監督と豊田さんの記憶がかみ合っていない。

 三原さんの自著には「歩み寄って『打って出るか』と耳打ちすると『バントでしょう』と豊田。気の強い男に…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文731文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
  2. 山口メンバー書類送検 TOKIOの4人がコメント
  3. ORICON NEWS TOKIO城島、国分、松岡、長瀬の4人も謝罪コメント発表 山口達也が無期限謹慎[全文掲載]
  4. 山口メンバー 「本当に申し訳ない」涙で謝罪 無期限謹慎
  5. 山口メンバー会見 詳報(1)泥酔して女性に電話「家に来て話さないか」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]