メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西鉄ライオンズ最強伝説

黄金期編/6 豊田のバント

1956年の日本シリーズで最高殊勲選手賞を獲得した豊田泰光選手。58年のシリーズでも大活躍した

 1958年の巨人との日本シリーズで1勝はしたものの3敗と後のない西鉄ライオンズ。平和台球場(福岡市)での第5戦は「豊田のバント」が語り継がれる。

 西鉄は土壇場の九回で2-3と負けていた。無死二塁の好機に3番の故豊田泰光さん。シリーズはここまで4本塁打と絶好調だったがバントで進めた。この場面、故三原脩監督と豊田さんの記憶がかみ合っていない。

 三原さんの自著には「歩み寄って『打って出るか』と耳打ちすると『バントでしょう』と豊田。気の強い男に…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文731文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
  4. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  5. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]