メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街の記憶

駅いまむかし 小田急・京王線 下北沢駅 夢集う何かがある街 /東京

現在の駅南口に立つ下平さん(中央)。南口は整備の一環で今年度中に取り壊される

 小田急線が地下化し、今も周辺整備が進む下北沢駅。変貌を止めない駅前で、下平(しもだいら)憲治さん(55)は「人がワイワイ、ガヤガヤ集まる雑多なシモキタを守っていきたい」と笑みを見せた。

 進学のため1980年に18歳で上京。改札を出ると、小さなマーケットが路地にひしめいていた。音楽少年だった下平さんは「シモキタはジャズの流れるニューオーリンズみたいな街」と思い込んでいた。そんな幻想は早々に砕け散ったが、ごった煮のような街には「カッコいい連中がいっぱいいた」と言う。

 新宿や渋谷に近く、沿線は大学も多い。老舗ロックバー「Never Never Land」などに、音楽…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです