メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

承諾殺人未遂

認知症の妻に「死にたい」と言われ…心中未遂で有罪 「どうすればよかったのか」 /広島

男性は、車椅子の妻とともにこの川辺を訪れ、心中を図った=広島市中区で、山田尚弘撮影

 認知症を患う妻(92)と無理心中を図ったとして承諾殺人未遂罪に問われ、広島地裁で7月に執行猶予付きの有罪判決を受けた男性(78)が毎日新聞の取材に応じた。妻に症状が出始めた約2年前から一人で介護を続けて疲れ果て、妻に「死にたい」と言われたのを機に心中を決意したという男性。妻を死に追いやろうとした行為を深く悔やむ一方で、「どうすればよかったのか」と今も自問自答する日々という。【小山美砂】

この記事は有料記事です。

残り1936文字(全文2131文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」
  4. 盛岡大付、九回2死から見せた意地 諦めずに勝利つかむ
  5. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです