メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

メキシコ沖M8.1 「家がガムのよう」 住民眠れぬ一夜

地震の後、沿岸の町から避難するため子どもたちをトラックに乗せる兵士=メキシコ南西部プエルトマデロで8日、ロイター

 【サンパウロ山本太一】「まるで家がチューインガムのように動いた」「明かりやインターネットが直後に切れた」--。メキシコ南西沖の太平洋で7日深夜に起きた大地震。住民は毛布を体に覆って家から道路に飛び出し、眠れぬ一夜を過ごした。

 AP通信などによると、現地では建物が倒壊。倒れた塀やがれきで、乗用車も押しつぶされた。地元政府関係者は…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです