メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ地震

がれきの中、救出活動

 【サンパウロ山本太一】鉄筋がむき出しになる。崩れ落ちたコンクリートが散乱する。屋外に設置されたベッドでは負傷者の緊急治療が進められる。メキシコ南部沖の太平洋での地震から一夜明けた8日、被害が激しかった地域では、災害当局者や市民らが建物のがれきを取り除き、懸命の救出活動を続けた。いまだに多くの市民が下敷きになっているとみられ、被害がさらに拡大する恐れも出ている。

 30人以上が亡くなり、被害が最も深刻とみられる南部オアハカ州フチタン。ロイター通信などによると、市…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文761文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 日産会長逮捕 記載訂正長期化か 不正広範囲、精査に時間
  5. ゴーン会長逮捕 日産3社連合暗雲 ルノー後任協議へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです