メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ地震

がれきの中、救出活動

 【サンパウロ山本太一】鉄筋がむき出しになる。崩れ落ちたコンクリートが散乱する。屋外に設置されたベッドでは負傷者の緊急治療が進められる。メキシコ南部沖の太平洋での地震から一夜明けた8日、被害が激しかった地域では、災害当局者や市民らが建物のがれきを取り除き、懸命の救出活動を続けた。いまだに多くの市民が下敷きになっているとみられ、被害がさらに拡大する恐れも出ている。

 30人以上が亡くなり、被害が最も深刻とみられる南部オアハカ州フチタン。ロイター通信などによると、市…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文761文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです