メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NASA

冥王星に「はやぶさ大地」 偉業たたえ命名

冥王星の地形に付けられた地名。白線に囲まれた部分が「Tombaugh Regio(トンボー領域)」。その右上に「Hayabusa Terra(はやぶさ大地)」、左上に「Voyager Terra(ボイジャー大地)」がある=米航空宇宙局提供

 米航空宇宙局(NASA)は7日、探査機ニューホライズンズが2015年に観測した冥王星の14カ所の地形に命名し、国際天文学連合(IAU)に承認されたと発表した。その一つに、日本の小惑星探査機「はやぶさ」の先駆的な偉業をたたえて「はやぶさ大地」という名前が付いた。

 ニューホライズンズは人類で初めて冥王星を詳細に観測した。ハート形の模様など、これまで知られていなかった冥王星の素顔が明らかになった。NASAのチームは探査後に地名のアイデアを公表していたが、正式に認められた。

 「はやぶさ大地」と名付けられたのは、冥王星を発見した米国人天文学者、クライド・トンボーにちなんで名…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文718文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです