メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん治療薬

オプジーボ、胃がんにも拡大 保険適用へ

厚労省試算 薬価は1日換算で約3万9000円

 超高額のがん治療薬として知られる「オプジーボ(一般名ニボルマブ)」について、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の部会は8日、胃がんにも使えるようにすることを了承した。今月末にも正式承認され、保険が適用される。

 国内の胃がんの罹患(りかん)数は年間約13万2000人で、がんの中で2番目に多い。ただ、実際にオプジーボを使用できるのは、2種類の化学療法を行ったのに効かず、切除手術ができない状態に悪化した患者らに限られる。製造販売元の小野薬品工業(大阪市)は、年間の使用患者数を約4600人と見込む。

 オプジーボは2014年、患者数の少ない一部の皮膚がんの治療薬として発売され、その後、適用拡大された肺がんでは年間約1万人に使われている。胃がんへの拡大は同社が昨年12月に申請し、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が有効性や安全性を審査していた。薬価は1日換算で約3万9000円になると厚労省は試算する。

 オプジーボを巡っては、「1人当たり年間3500万円」の医療費が掛かるとされ、健康保険財政への影響を懸念する声が上がり、厚労省は今年2月に半額に引き下げた。【熊谷豪】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前田敦子 “世界一の大泉洋ファン”自負も「大泉の…」と呼び捨て 笑い止まらず
  2. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
  3. 「森友」検査院報告 解明、あとは首相「誰が得、究明を」
  4. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判
  5. 森友 「特例」指摘次々 値引き「根拠不十分」 検査院

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]