メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

海部宣男・評 『「大学改革」という病』=山口裕之・著

 (明石書店・2700円)

正しく考える技術、教える大学に

 表題を見てすぐ、手に取った。

 日本ではなぜか政財界の主導で「大学改革」という名の競争政策が強引に重ねられている。評者も研究者として大学改革の審議に多少関与したが、この執拗(しつよう)な「大学改革」、ほとんどビョーキと感じていた。

 本書は、「反改革」本ではない。視野の広い、総合的な大学論だ。著者は哲学者で、授業改革の実践にも取り組んでいる。第一章「日本の大学の何が問題なのか」からはじめて、大学の歴史、学問の自由、大学の大衆化、日本特有の入試、日本型経営への組み込み、といった複雑に絡みあう問題を明示し、解きほぐしてゆく。もちろん、欧米の大学改革も紹介される。著者がズバリ指摘するのは、たび重なる「大学改革」の陰の主役は財務省だ、ということ。背後に、財界の強い要請がある。「大学改革」は社会のためか、それとも会社のためか?

 “法人化を含むここ十年ほどの「大学改革」は、これまでの大学の在り方を大きく変えてしまった”と、著者…

この記事は有料記事です。

残り1035文字(全文1475文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです