メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

復興断絶

東日本大震災6年半 つながりたい/3 幻の五輪、夢懸けた

選手村に使えるよう、仮設住宅を改修した「モデルルーム」を見つめる宮川さん=宮城県登米市で5日、喜屋武真之介撮影

 「ここに来ると、さみしさ、懐かしさ、悔しさ、全部がこみ上げてくる。なぜダメだったのか、そう思い返してしまう」。宮城県登米市の仮設住宅に残る、約500万円かけて改修された選手村の「モデルルーム」前で、仮設の自治会長・宮川安正さん(77)はつぶやいた。そして、近くの長沼ボート場での2020年東京五輪・パラリンピック開催が夢と消えた昨秋までの日々をとつとつと語り始めた。

 震災前、宮川さんは同県南三陸町でクリーニング店を営み、隣の美容室は妻弘子さん(72)が切り盛りして…

この記事は有料記事です。

残り1228文字(全文1462文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫
  3. 新潮45 「杉田論文」で社長コメント 「常識逸脱した」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです