メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

日本学生対校選手権 雪辱ジェット桐生 けが、不調はね返し9秒98

時計を前にポーズを取る桐生祥秀

 日本陸上短距離界で待望された「9秒台」へついに突入した--。福井市の福井運動公園陸上競技場で9日行われた日本学生陸上対校選手権男子100メートル決勝で、桐生祥秀(よしひで)(21)=東洋大4年=が9秒98の日本新記録を樹立した。相次ぐ故障や苦難を乗り越えての快記録達成となった。

 今年6月の日本選手権。国内現役選手最速タイムの桐生は本命として臨んだが、まさかの4位に敗れ、8月のロンドン世界選手権の個人種目代表から外れた。傷心で1週間は練習に足が向かなかった。だが、しばらくして負けず嫌いの血が騒いだ。1日に50メートルを70本走る猛練習。「弱かったら、強くすればいいだけ。どんなにボロクソに言われようと、3年後(の東京五輪は)見とけよっていう方が大きい」と振り返る。

 それでも、男子400メートルリレー代表としてロンドン行きが決まり、本番で銅メダルを獲得。同選手権で…

この記事は有料記事です。

残り2564文字(全文2949文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです