メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌謡ルネサンス

民謡を広げるために/サビからガツンと=専門編集委員・川崎浩

民謡を広げるために

 民謡出身の演歌歌謡曲歌手は少なくない。だが、津軽三味線の全国大会で3年連続日本一などという経歴を持つ第一級の演奏家が歌手になった例は聞かない。浅野祥はその前例のない期待の星である。

 2007年に演奏家デビューし、あらゆるジャンルに挑戦するトップ演奏家になったが、16年1月「忠治が泣いている」で演歌デビュー。今年7月3作目「斎太郎(さいたら)月夜」(徳間)を発売した。

 「軸足は演奏家ですが、ずっと歌や言葉にあこがれてきた。民謡を広げるにも歌うのって役に立つと思う」と…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文618文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  4. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
  5. 豊洲市場 11カ所亀裂、地盤沈下が原因 都「想定内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです