メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

入の沢遺跡(宮城県栗原市) 古墳時代、最北の緊迫

 宮城県北部、栗原市の入の沢遺跡が、古代大和王権のリアルな実像を見せ、注目されている。古墳時代前期後半(4世紀後半)の大規模集落跡。遺跡が伝える「ある一日」とは。

 「まるで古代社会に飛び込んだような印象だった。1700年くらい前の世界が完全に見えた」。辻秀人・東北学院大教授が発掘の衝撃を振り返る。

 入の沢遺跡は、周囲の平野から25メートルほど高まった丘陵上にある。国道4号バイパスの建設に伴い、2014年に発掘された。

 火事の跡があった。調査された建物12棟のうち5棟までが焼失していた。それで集落は放棄され、その後も…

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1499文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]