メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ地震

死者90人に 72時間目前物資行き渡らず

 【サンパウロ山本太一】7日深夜にマグニチュード(M)8.1の大地震に見舞われたメキシコ南部では10日、被災者への支援活動が本格化したが、支援が行き渡らず、余震も続く中で市民の不満が高まっている。被災者の生存率が大幅に下がる発生から72時間を目前に、懸命の救出活動が続く。ロイター通信によると、死者は少なくとも90人に達した。

 死者は南部のオアハカ州で71人、チアパス州で15人、タバスコ州で4人となった。これとは別にベラクル…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文599文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです