メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機

核・ミサイル 識者インタビュー/1 米国元北朝鮮担当特使 ジョセフ・デトラニ氏(その1)

=高本耕太撮影

交渉、実験中止が条件

 北朝鮮は今年だけでも20回近い弾道ミサイル発射を行い、核実験も強行した。実験を重ね、技術力は向上している。ミサイルに搭載可能な核兵器の小型化や、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発完了に極めて近づいている。当初予想よりも早く、あと1~2年と見た方がよいだろう。実験を止めることが重要だ。北朝鮮を交渉の席につかせなければならない。

 カギを握るのは中国だ。2003年4月、中国の仲介で米中朝3カ国協議が北京ではじまり、同年8月には日…

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1086文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 障害者雇用 水増し「悪質だ」 進次郎部会長、初日からビシバシ
  4. 愛媛県 養殖ブリの餌にチョコ 抗酸化、鮮やかな色保つ
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです