メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核実験抗議、北朝鮮大使を追放へ メキシコに続き

 【サンパウロ山本太一】ペルー政府は11日、北朝鮮のキム・ハクチョル駐ペルー大使を「ペルソナ・ノン・グラータ」(好ましからざる人物)として5日以内に国外追放すると発表した。北朝鮮による度重なる核実験やミサイル発射に抗議するもので、中南米諸国で同様の措置はメキシコに続き2例目。国際社会での北朝鮮の孤立化が進む可能性がある。

 ペルー外務省は声明で「国連安保理決議に繰り返し違反し、国際法の順守や核開発断念を求める国際社会の要請を無視している」と北朝鮮を批判。核・ミサイル開発を「北東アジアや世界の安定に対し、受け入れられない脅威だ」としたうえで、朝鮮半島の非核化に向け外交的努力を尽くすことも強調した。

 ペルー外務省は今年3月に核・ミサイル開発を理由にリマの北朝鮮大使館の外交官を6人から3人に減らすよう要請しており、これに続く措置という。

 メキシコ政府は今月7日、同国駐在の金炯吉(キム・ヒョンギル)北朝鮮大使の国外追放を発表。ペンス米副大統領は中南米訪問中の8月、北朝鮮の孤立化を狙い、メキシコ、ブラジル、チリ、ペルーの4カ国に北朝鮮との外交関係や交易を断つよう求めていた。今後、対応を明らかにしていないブラジルとチリの動向が注目される。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 後藤久美子 娘・エレナがデビュー 雑誌で美しすぎる母娘2ショットを披露
  2. 架空請求 1万件超 「未払いあり、提訴」のはがき急増
  3. 公明 「裏切られた」小池氏の新党代表就任に反発
  4. 小池新党 「集まってきた人、選挙に勝ちたいだけ」
  5. あだち充総選挙 1位は浅倉南 判別困難で誤植も…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]