メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トイレで倒れた妻放置、75歳医師を逮捕

 自宅のトイレで倒れた妻(72)を放置したとして、奈良県警は11日、奈良市中登美ケ丘6の医師、三浦尚(たかし)容疑者(75)を保護責任者遺棄容疑で逮捕した。妻は、警察官らが自宅に駆け付けた後に死亡が確認された。

 逮捕容疑は今月8日ごろ、マンション1階の自宅トイレで便器と引き戸の間で倒れ、動けなくなった医師で妻の淳子さんを11日朝まで放置したとしている。三浦容疑者は「妻を動かすことができず、様子を見るしかなかった」と容疑を否認しているという。

 県警によると、三浦容疑者は淳子さんと2人暮らし。淳子さんが開業している医院でともに働いていたが、8月中旬に淳子さんがめまいなどの体調不良を訴え、一時入院。その頃から医院を休んでいた。

 三浦容疑者が11日朝、淳子さんが死んでいると九州在住の娘に電話で伝え、娘の進言で110番したという。県警は遺体を司法解剖し、死亡したいきさつなどを調べる。【佐藤英里奈】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS マツコ、夢かなって力士姿に大変身 有吉「本物だよ!」と絶賛
  2. 飲酒運転 「責任は重大」19歳消防士を懲戒免職 山梨
  3. 小池新党結成 衝撃 選挙の構図、激変
  4. 小池新党 「集まってきた人、選挙に勝ちたいだけ」
  5. 公明党 長沢副復興相が辞職「知人女性宿泊、軽率だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]