メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワンストップ支援センター

性暴力被害者、前向く支援 県が開設へ 養成講座スタート、山本さん体験踏まえ訴え /富山

自らの体験を踏まえて適切な支援の重要性を呼びかける山本潤さん(右)と種部恭子さん=富山市安住町の県総合福祉会館サンシップとやまで、青山郁子撮影

 県が今年度中に開設を目指す性暴力被害者のための「ワンストップ支援センター」で、被害者をサポートする支援員の養成講座が10日、スタートした。初回は富山市安住町の県総合福祉会館サンシップとやまで、性暴力被害者で看護師・保健師の山本潤さんが講演。「被害者が前を向いて立ち上がることができる支援を」と呼びかけた。【青山郁子】

 心身に深い傷を負った性暴力被害者が警察や病院、弁護士などを自分で探し、その先々で被害状況を何度も説…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文976文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  3. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに
  4. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]