メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機

核・ミサイル 識者インタビュー/2 京都大教授・中西寛氏

=小松雄介撮影

国際秩序崩壊の恐れ

 1993~94年の北朝鮮核危機以来、四半世紀近く交渉を続けて今日に至った。簡単な解決策はもはやない。

 今後の方向性は、大きく分けて三つ考えられる。

 第一は、国際社会が北朝鮮への制裁を徐々に強め、圧力をかけると同時に、北朝鮮の挑発には乗らず、譲歩を待つシナリオだ。にらみ合いをしているうちに、北朝鮮に変化が生じる可能性はゼロではない。強い制裁と「戦略的忍耐」を組み合わせ、北朝鮮に圧力をかけるという政策だ。国連安全保障理事会で新たな制裁決議が採択されたのは、その方向への一歩である。

 第二は、米国が北朝鮮の核能力を事実上容認して手打ちをするシナリオだ。一度は危機を回避できるかもしれ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  4. 女子中学生を脅迫容疑、31歳男逮捕 警視庁
  5. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです