メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「忙しい先生たち」を連載して=鈴木敦子(前橋支局)

群馬県高崎市教委の職員(右手前)と頻繁に打ち合わせをするスクールソーシャルワーカー=高崎市役所で6月、鈴木敦子撮影

「仕事はここまで」線引きを

 公立中学教諭の6割が国が示す過労死ライン(月80時間)を超える残業をしていることが、4月に公表された文部科学省の教員勤務実態調査で明らかになった。なぜ先生たちは忙しいのか。群馬面で連載した「学校の今-忙しい先生たち」(6月29日~7月5日、全5回)の取材を通じて分かったのは、学校が社会全体の「何でも相談」の受け皿と化している実態だった。

 1回目で紹介した公立中に約20年勤務する女性教員は、担任を持つ生徒の保護者からの電話に夜な夜なおび…

この記事は有料記事です。

残り1801文字(全文2034文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  3. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  4. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです