メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野鳥とともに

/6 やんばる(沖縄本島北部) 亜熱帯の森、固有種育む

道路上を歩くヤンバルクイナ=沖縄本島北部で、フリーカメラマンの尾上和久さん撮影

 沖縄本島北部のやんばる(山原)地域。亜熱帯性気候に属し、イタジイが生い茂る照葉樹林が広がるこの森には多くの貴重な野生生物が生息しています。沖縄本島は約170万~200万年前に地殻変動などで大陸や他の島から隔離された後、長い年月の間に島の中で独自の進化が進みました。そのため、この地域に特有の生き物(固有種)がすんでいるのです。

 中でも特筆すべき生き物は、飛べない鳥として知られるヤンバルクイナです。1981年に発見されたこの鳥…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文894文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]