メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

O157

総菜食べた子供が死亡 9人感染の系列店で購入

 群馬、埼玉両県の総菜店で購入したポテトサラダなどを食べた客が病原性大腸菌O157に感染した問題で、前橋市の「でりしゃす六供(ろっく)店」で購入した食品を食べた人で新たに患者2人が判明し、うち子供1人が死亡したことが13日、分かった。一連の問題で死者が確認されたのは初めて。同店ではこれまで9人の感染者が明らかになっている。

     この問題は、フレッシュコーポレーション(群馬県太田市)が運営する埼玉県と群馬県の「でりしゃす」系列店でポテトサラダなどを購入して食べた人がO157に感染した。ポテトサラダを製造した群馬県高崎市の食品会社に保管されていた食品サンプルなどからO157は検出されておらず、感染経路は明らかになっていない。

     でりしゃすの運営会社は全系列店で自主休業していたが、前橋市などの調査で再開に支障はないとして、今月7日に営業を再開した。六供店は13日から再び休業した。でりしゃす六供店は、衛生管理に不備があったとして、前橋市保健所が先月、改善を指示していた。【山本有紀】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 草なぎ剛 「新しい可能性を信じて努力したい」 “今年最も輝いた男性”に喜び
    2. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
    3. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判
    4. 「森友」検査院報告 解明、あとは首相「誰が得、究明を」
    5. 大相撲九州場所 白鵬自ら「物言い」 軍配変わらず初黒星

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]