メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

友ケ島

「ラピュタ」っぽいで人気呼び毎日運航

ツタに覆われて朽ちた友ケ島の砲台跡=和歌山市加太で2015年7月15日

 旧日本軍の砲台跡が残り、観光スポットとなっている和歌山市沖の無人島「友ケ島」について、管理する市はこれまで入島を認めていなかった火・水曜の試験オープンを今月から新たに始めた。島に渡る唯一の交通手段である民間定期船を11月末までの火・水曜にも1日4往復運航する。これで全ての曜日で島を訪れることができる。

 友ケ島は沖ノ島など4島の総称。れんが造りの砲台跡が計6カ所残り、外部から見学できる。近年は、アニメ映画「天空の城ラピュタ」に描かれる風景に似ているとして観光客の人気を集めている。

 市によると、2002年度に1万6526人だった入島者は年々増加し、昨年度は6万9477人。今年も4~7月末までの4カ月で4万人以上が訪れた。

 市はこれまで夏季などの繁忙期を除き、入島できる日を木曜日から翌月曜日に限定していた。試験オープンは入島者の増加を受けたもので、誘客効果や管理上の課題を検証し、来年度以降に本格実施するか検討する。【石川裕士】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森・横浜 イワシの次はクジラ漂着 処分費用困惑
  2. カジノ法案 入場料安すぎ…異論続々 政府が値上げ検討
  3. 宮崎牛 米アカデミー賞で“世界デビュー”決定
  4. 台湾地震募金デマ 軽はずみで投稿炎上 個人情報も暴かれ
  5. 五輪スノーボード レデツカ快挙、2種目同時「金」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]