メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

松竹新喜劇新秋公演 騒動の呼吸ぴたり=評・小玉祥子

 見応えあるのが、夜の序幕「鼓(つづみ)」(舘直志作、平戸敬二脚色、大場正昭演出)。梅子(高田次郎)は女房の梅太郎(井上惠美子)と漫才を披露してきたが今は落ち目。弟子で売れっ子の梅吉(藤山扇治郎)は、師匠を大舞台に出そうとする。

 わがままでお調子者。愛嬌(あいきょう)と悲哀の混じった梅子を高田が活写。井上が夫を気づかい、深い愛情で包む世話女房ぶりを見せ、梅子のひいきである理髪店店主の曽我廼家文童が温かい人柄を感じさせた。

 続いて「お染風邪久松留守」(巌谷槙一作、平戸敬二脚色、米田亘補綴、澁谷天外演出)。大工松吉(渋谷天…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文610文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. ORICON NEWS 大阪城で“ナイトウォーク”『サクヤルミナ』12月オープン 渡辺直美「ワクワクしちゃう」
  3. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  4. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  5. 埼玉・高齢夫婦殺傷 中3の孫逮捕 殺人未遂容疑で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです