メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピッチは広く

サッカー 加茂氏、プロ化への功績=斉藤雅春

 1980年代後半、日本サッカーは人気、実力共に低迷していた。68年のメキシコ大会を最後にオリンピックには出場できず、日本リーグでは閑古鳥が鳴いた。ワールドカップ(W杯)も夢のまた夢。90年W杯イタリア大会アジア予選では1次リーグで敗れた。ある記者が「サッカー記者は負けたときの原稿がうまくなる」と、自嘲気味に話したことを思い出す。

 それでも、ずいぶんと試合を見た。先輩から「見ることが一番の勉強」と言われ、週3試合は普通だった。楽…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文898文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ミスせともの 3人PR誓う 瀬戸市長訪問 /愛知
  3. 先端に16mの「鼻」 次世代新幹線「ALFA-X」の試験車公開 JR東
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです