メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピッチは広く

サッカー 加茂氏、プロ化への功績=斉藤雅春

 1980年代後半、日本サッカーは人気、実力共に低迷していた。68年のメキシコ大会を最後にオリンピックには出場できず、日本リーグでは閑古鳥が鳴いた。ワールドカップ(W杯)も夢のまた夢。90年W杯イタリア大会アジア予選では1次リーグで敗れた。ある記者が「サッカー記者は負けたときの原稿がうまくなる」と、自嘲気味に話したことを思い出す。

 それでも、ずいぶんと試合を見た。先輩から「見ることが一番の勉強」と言われ、週3試合は普通だった。楽…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文898文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]