メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとりの美

県立博物館から 写真家・杵島隆と洋画家・國領經郎 「砂丘」に特別な意味 /鳥取

 今年度の県立博物館美術常設展示室では、当館のコレクションを構成する主要な作家の中から、何らかの共通項でくくることができる二人を選び、時代やジャンルを超えて組み合わせ紹介する展示「クロッシング!」を開催しています。

 15日からはじまる第3弾では、写真家の杵島隆(きじまたかし)(1920~2011年)と、洋画家の國領經郎(こくりょうつねろう)(1919~1994年)を紹介します。この二人の同世代の作家の作品には、「砂丘」が重要なモチーフとして登場しています。

 幼少期から写真家を目指して上京する30代まで、米子市の弓ケ浜半島で過ごした杵島は、その初期から、身…

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1184文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです