メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとりの美

県立博物館から 写真家・杵島隆と洋画家・國領經郎 「砂丘」に特別な意味 /鳥取

 今年度の県立博物館美術常設展示室では、当館のコレクションを構成する主要な作家の中から、何らかの共通項でくくることができる二人を選び、時代やジャンルを超えて組み合わせ紹介する展示「クロッシング!」を開催しています。

 15日からはじまる第3弾では、写真家の杵島隆(きじまたかし)(1920~2011年)と、洋画家の國領經郎(こくりょうつねろう)(1919~1994年)を紹介します。この二人の同世代の作家の作品には、「砂丘」が重要なモチーフとして登場しています。

 幼少期から写真家を目指して上京する30代まで、米子市の弓ケ浜半島で過ごした杵島は、その初期から、身…

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1184文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです