メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機

核・ミサイル 識者インタビュー/3 日本総研国際戦略研究所理事長・田中均氏

田中均氏=中村藍撮影

拉致含め包括合意を

 北朝鮮による日本人拉致問題は、1990年代から2001年の小泉純一郎内閣までは、拉致問題だけで解決しようとして成果がなかった。小泉内閣で我々は土俵を広げ、02年の日朝平壌宣言では、国交正常化、経済協力、核・ミサイル問題のすべてを含む大きな枠組みとした。現在、拉致問題は、再調査を約束した14年の日朝ストックホルム合意後は結果が出ていないが、核・ミサイルも含めた包括的な合意が解決の早道だ。

 北朝鮮にただちに核を廃棄させることは難しいが、まずはさらなる核開発をやめさせることだ。日本、米国、…

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1279文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  2. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. NHK杯体操 男子個人総合 内村が10連覇
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]