メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ゴーン前会長の保釈認める 東京地裁 保証金5億円
記者の目

民進党、再生できるか=影山哲也(政治部)

記者に囲まれる前原誠司・民進党代表。山尾志桜里衆院議員の問題で揺れる中、「幹事長に任せました」とだけ話して党本部を離れた=東京都千代田区で7日夜、丸山博撮影

もう少しだけ見極めたい

 民進党が再生を果たせるのか、もう少しだけ見極めたい。今の正直な感想だ。

 私は2009年春から政治取材を始め、旧民主党が政権を奪取した直後から通算で4年近く、民主党と民進党を取材してきた。当初は期待を持っていたが、今は違う。民進党が日本の政治に必要なのか。正直なところ、分からなくなる時がある。

 1日の民進党代表選を、私はそんな気持ちの中で取材した。離党ドミノに歯止めがかからず、党内から公然と…

この記事は有料記事です。

残り1827文字(全文2035文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです